ごしごし磨いたらダメ?歯磨き粉はどれくらいが適量?


ごしごし磨かないよう注意する

毎日する行為の一つとして歯磨きがあります。歯ブラシに歯磨き粉を付けて後は歯に当ててブラッシングをすれば行えるでしょう。この時のブラッシング方法としてごしごし磨く人が結構いるようで、歯ブラシをぎゅっと握りしめて奥から手前に何度も往復させるようにしています。実はこの方法はあまりよくないとされていて、正しい歯磨きの方法は歯科で教えてもらえるので歯科医や歯科衛生士から教わった方法で磨くようにしましょう。歯ブラシの持ち方としては鉛筆を持つように軽くが良く、できれば一本ずつ、多くても二本ずつぐらいを目安に歯ブラシを動かします。ごしごし激しく動かしても細かい汚れは落ちませんが、一本ずつ優しく磨くとブラシ部分が歯に行き渡りやすくなって磨き残しが減るでしょう。

歯磨き粉を付けるときの注意

食事などをすると歯に汚れが付き、さらにそれがプラークや歯石などになります。プラークには歯に良くない細菌などが含まれているので、歯を清潔にするには正しい歯磨き方法でプラークを除去しなければいけません。自己流で行っているなら歯科医院で磨き方を教わるといいでしょう。磨くときには歯ブラシに歯磨き粉を付けますが、この時点であまりしてはいけない付け方があるので注意が必要です。まず事前に歯ブラシを水に浸けるのは良くなく、浸けてしまうと泡立ちやすくなって磨けていないのに磨けているように感じやすくなります。また歯磨き粉のつけすぎも同様の問題が起きやすいです。水などではブラシを洗った後に十分水分をふき取り、小豆大ぐらいの量の歯磨き粉を付けて磨くようにしましょう。

根管治療は、重度の虫歯の治療法として選ばれることが多く、歯科医師の臨床経験や腕前などが求められます。