脱毛サロンの痛さにサヨナラ!!各サロンの施術方法を知ろう!!


ジェルを塗って光の力を伝える

自分で脱毛する方法として毛抜きやテープ、ワックスを使う方法があります。物理的に毛を抜くのでそれなりに痛みがあり、我慢しながら処理をしている人もいるかも知れません。痛みを感じずに脱毛処理をするにはサロンを利用するのが良いので仕組みなどを確認してみましょう。サロンでの脱毛は光脱毛と言われ、光を毛根に当てて刺激を与え発毛する力を軽減させていきます。光が毛根に照射する分にはそれほど痛みは感じませんが、少なからず肌にも刺激を与えそれが痛いと感じる人もいるでしょう。サロンによっては光を当てる前にジェルを塗りその上から光を当てて施術をしてくれるところがあります。ジェルがあるおかげで肌への刺激が少なくなるので痛みを感じにくいしょう。

照射温度を減らして肌への刺激を無くす

サロンや美容クリニックでの脱毛は機械を使って行います。サロンでは光を使い美容クリニックではレーザーを使うのが基本です。どちらも毛根に強い力を与えて発毛力を失わせるので、施術後しばらくすると自然に毛が抜けていくでしょう。ただ光もレーザーも毛根だけでなく肌にも当たるのでその時に痛みを感じ、特にレーザーは麻酔がないと受けられないぐらいの痛みです。サロンではいかに痛みなく脱毛ができるかを考えてくれていて、あるサロンでは独自の機械を使って施術をしてくれるので受けてみると良いでしょう。光を当てるのは他のサロンと同じですがその時の照射温度を大幅に減らしています。多少通う頻度が多くなるときもありますが、うまく通えば永久脱毛も可能です。

水着になる季節には、ビキニラインを意識したVIOを脱毛処理する人が増えます。色の薄い水着や紐ビキニを着たい人は必須です。