ニキビって何!?なぜ出来るのか予防のポイントを紹介


ニキビとはそもそも何か

ニキビは、毛穴が皮脂や古くなった角質で詰まることによって起こる肌トラブルの一種を言います。若い方の方が発症しやすいのは代謝が良い方が皮脂が多くなりやすいからです。皮脂が詰まっていると、その皮脂を食べる細菌が増殖します。その結果炎症が起こると赤くなったり、黒ずんだりすることがあります。ニキビの原因となる細菌は皮脂だけでなく、石鹸の成分も食べてしまいます。それゆえにニキビを防ぐために石鹸を大量に使うことは逆効果となる恐れがあります。ニキビは通常の場合、体の免疫力で治すことが出来ますが、何らかの理由で免役力が下がっていると長い間治らない状態となります。それがニキビ跡など肌に痕跡を残してしまう原因であり、美肌を実現する上で非常に厄介な存在ともなってしまいます。

ニキビを防ぐにはどうすればいい

ニキビを防ぐためには2つのポイントがあります。1つ目は皮脂を出来るだけ詰まらせないということです。皮脂は放置するとどんどん詰まるので洗顔を行い、皮脂を洗い流すことが大切です。皮脂を流すだけならお湯だけでも問題がありませんが、毛穴を綺麗にするためには洗顔料を使うことが有効です。あくまで適量の使用を心がけ、しっかりと洗い流すことが重要となります。2つ目は細菌の増殖を防ぐことです。人間には免疫力があるのでニキビの原因菌に打ち勝つことが出来ます。睡眠不足や栄養不足になると免疫力が下がり、原因菌に負けてしまう可能性が高まってしまいます。生活習慣を整えて原因菌をしっかりと退治することが重要です。

ニキビを潰したりすると赤みが残ったり、色素沈着したりします。更には、でこぼこしたクレーター状態になることがあります。これらのニキビ跡ができると厄介なので、まずは日頃のスキンケアを気をつけましょう。