健康な明日を創るための酵素の取り方のコツ


野菜や果物は生のままで食べよう!

食べ物の消化を促し、健康向上に役立つ性質があることから、酵素が注目を集めています。サプリメントも多数販売されていますが、取り方のコツを覚えておくと、日常の食事で酵素を上手に取り入れられるようになりますよ。酵素が多く含まれる野菜や果物を食べる際の大事なポイントが、生のままで食べるということです。酵素は熱に弱い性質のため、本来は酵素の含有量が多い食品でも、加熱することによって酵素の働きが損なわれてしまいます。もちろん、全ての野菜や果物を加熱しないままで食べる必要はありませんが、酵素を活かすという意味では、生の状態で摂取することが大切であるとしっかり覚えておきましょう。

酵素をより効率よく摂取できる調理法

生野菜や果物を食べる際に、酵素を効率よく摂取したい場合には、野菜や果物を切ったり、すりおろしたりして食べるのがおすすめです。特に、食品をすりおろして食べると、酵素の働きが存分に活性化し、体内に酵素を上手に取り入れることができます。野菜をすりおろして食べる料理と言えば、大根おろしを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。肉料理や魚料理に大根おろしを添えると、美味しさがアップするだけでなく、酵素の働きで消化を促すこともできます。和食のみならず、ハンバーグやステーキといった洋風の料理とも相性が良い大根おろしを生かして、健康的な食卓を目指しましょう。大根以外では、すりおろした玉ねぎや人参をドレッシングやソース作りに活用するのもおすすめです。

日本人は今までの食生活の中で、こうじの酵素を多く取り入れてきました。味噌や醤油、納豆、酒粕、甘酒などが代表的なものです。こうじを使った食品を多く食べることで、美容や健康を保つことができます。